ユニホームを買うなら機能性に注目!働きやすい制服

記事一覧

PICK UP

ユニフォーム

特殊な加工で汚れにくい

飲食店用のユニホームは、調味料や料理のソースなどで油汚れがつきやすいので、防汚加工された素材がよく使われています。また、天然繊維から化繊までいろいろな素材に対して加工が可能な撥水加工された生地も、飲食店のユニホームでは定番です。

衣類

お揃でパワーアップの証拠

飲食店のユニホームは清潔感はもとより、客に好感がもたれるようにするのが大切です。またユニホームは頻繁に洗濯しても耐えうるような素材である事や、色あせしないもの、素材の強さも大切です。ユニホームで統一感をパワフルさをかもし出しましょう。

男の人

様々な種類があります

職場で使うユニホームは、会社の看板になったりお互いに仲間意識を芽生えさせたりするために必要です。一口にユニホームといっても作業着や事務服など様々あり、価格相場もそれぞれ異なります。カタログやサンプルを取り寄せると良いでしょう。

男性

従業員用の制服を作成

ユニホームを発注するには、インターネットでカタログの中からユニホームの素材やデザインを選択していき、発注します。その後は作成会社とのやり取りで、デザインの設計図が作られます。そのデザインに同意したのち実際のユニホームを作する工程に入ります。

特殊な加工で汚れにくい

ユニフォーム

お洗濯が楽になる

飲食店では、醤油やマスタードなどの調味料、トマトソースなどの油汚れがユニホームに付着する可能性が高いので、通常の衣類とは異なる素材や生地が使用されています。飲食店で採用されるユニホームに多いのが、防汚加工された生地です。防汚加工はSR加工ともよばれ、工場などの作業着にもよく用いられています。綿やポリエステルなどさまざま繊維に対して防汚加工を施すことができ、衣類に付着した油汚れが落ちやすくなること、洗濯中に汚れが再付着しにくいことなどの特徴があります。防汚加工された飲食店のユニホームは、油汚れが付着しても、通常の方法で洗濯することにより、ほとんどわからないレベルまで汚れを落とすことが可能です。さらに、撥水油圧加工された生地は、油汚れそのものの繊維への浸透を防ぐことができます。撥水油圧加工された生地を使ったユニホームは、油汚れがついても、その場で布で拭くだけで汚れが取れるのが特徴です。しかし、撥水油圧加工されたユニホームは、製造コストが高くなってしまうというデメリットがあります。飲食店用のユニホームに最も利用されているのが、撥水加工された生地です。撥水加工は、アウトドア用のウェアや雨傘、バッグなど身の回りのさまざまな製品にお馴染みの加工方法であり、飲食店用のユニホームにもよく用いられています。水分を弾く性質があるため、油汚れもつきにくくなります。ポリエステルやナイロンなどの化繊、綿や麻、絹などの天然繊維に対しても撥水加工することができ、素材を選ばない万能性を備えいるため、飲食店のユニホームにはピッタリと言えるでしょう。

Copyright© 2017 ユニホームを買うなら機能性に注目!働きやすい制服 All Rights Reserved.