ユニホームを買うなら機能性に注目!働きやすい制服

記事一覧

PICK UP

ユニフォーム

特殊な加工で汚れにくい

飲食店用のユニホームは、調味料や料理のソースなどで油汚れがつきやすいので、防汚加工された素材がよく使われています。また、天然繊維から化繊までいろいろな素材に対して加工が可能な撥水加工された生地も、飲食店のユニホームでは定番です。

衣類

お揃でパワーアップの証拠

飲食店のユニホームは清潔感はもとより、客に好感がもたれるようにするのが大切です。またユニホームは頻繁に洗濯しても耐えうるような素材である事や、色あせしないもの、素材の強さも大切です。ユニホームで統一感をパワフルさをかもし出しましょう。

男の人

様々な種類があります

職場で使うユニホームは、会社の看板になったりお互いに仲間意識を芽生えさせたりするために必要です。一口にユニホームといっても作業着や事務服など様々あり、価格相場もそれぞれ異なります。カタログやサンプルを取り寄せると良いでしょう。

男性

従業員用の制服を作成

ユニホームを発注するには、インターネットでカタログの中からユニホームの素材やデザインを選択していき、発注します。その後は作成会社とのやり取りで、デザインの設計図が作られます。そのデザインに同意したのち実際のユニホームを作する工程に入ります。

様々な種類があります

男の人

種類によって価格は変わる

仕事用に使うユニホームは色々な職場で使われています。しかし何故ユニホームが必要なのでしょうか。仕事着なら各自で用意してもらえば、会社のコストも少なく抑えられるというものです。それでもユニホームを導入するということは、それなりのメリットがあるからです。まずはユニホームが会社の看板になることが挙げられます。ワッペンや刺繍で会社のロゴをユニホームにつけることは一般的であり、それが企業の差別化をはかる役割を果たしています。もし地元密着型の企業であれば、ユニホームを見ただけで気付く住民も多いのです。また同じユニホームを着ていると仲間意識が働いて、お互いに協力し合える関係になりやすいメリットが挙げられます。仕事はチームワークだから余計に仲間意識は必要かもしれません。このように着ているだけでメリットが多いユニホームですが、気になるのがその費用ではないでしょうか。特に従業員が多い企業にあっては、そのコストがとても気になるところです。これは使用用途によって相場は異なります。例えば工事現場等で着用する作業着であれば、上下合わせて数千円程度はかかるでしょう。また事務職が着る事務服はもう少し高いといわれています。更に医療用白衣やケーシーもそれなりの価格となります。このように仕事用のユニホームはかなりコストがかかります。また色々な種類があるので、サンプルやカタログを取り寄せてみてから必要なユニホームを選ぶと良いかもしれません。

Copyright© 2017 ユニホームを買うなら機能性に注目!働きやすい制服 All Rights Reserved.