ユニホームを買うなら機能性に注目!働きやすい制服

記事一覧

PICK UP

ユニフォーム

特殊な加工で汚れにくい

飲食店用のユニホームは、調味料や料理のソースなどで油汚れがつきやすいので、防汚加工された素材がよく使われています。また、天然繊維から化繊までいろいろな素材に対して加工が可能な撥水加工された生地も、飲食店のユニホームでは定番です。

衣類

お揃でパワーアップの証拠

飲食店のユニホームは清潔感はもとより、客に好感がもたれるようにするのが大切です。またユニホームは頻繁に洗濯しても耐えうるような素材である事や、色あせしないもの、素材の強さも大切です。ユニホームで統一感をパワフルさをかもし出しましょう。

男の人

様々な種類があります

職場で使うユニホームは、会社の看板になったりお互いに仲間意識を芽生えさせたりするために必要です。一口にユニホームといっても作業着や事務服など様々あり、価格相場もそれぞれ異なります。カタログやサンプルを取り寄せると良いでしょう。

男性

従業員用の制服を作成

ユニホームを発注するには、インターネットでカタログの中からユニホームの素材やデザインを選択していき、発注します。その後は作成会社とのやり取りで、デザインの設計図が作られます。そのデザインに同意したのち実際のユニホームを作する工程に入ります。

お揃でパワーアップの証拠

衣類

ビジュアルに見せる方法

ユニホームというのはそこに終結する団体の力を最大限に見せる力があります。そこで、バラバラの私服をきて働くよりも、従業員は皆お揃いのユニホームを着ると一致団結している気心がお客様似も伝わるはずです。特に飲食店の場合は従業員が様々な私服をきているよりも、同じユニフォームで統一されていた方が客側としては誰が従業員かわかりやすいですし、統一感を感じる事ができる事は言うまでもありません。飲食店の特徴としてはそこの店で取り扱っている食品の種類にも寄りますが、清潔感溢れる色合いや明るい色合い、またはシックな装いのユニホームがよいのではないでしょうか。また厨房とホールで着ているものを分けるという方法もあります。これは厨房の方がより清潔感や衛生感溢れるものを着用するべきという観点からですが、ホールの従業員にはなるべく客から好感をもたれるような、きちんとしたユニホームが好まれるでしょう。ユニフォームを作るに当たっては、万人に好感をもたれるようなデザインである事、そこの店の従業員であるという事が明確に分かるようなデザインである事、そして従業員の誰にでも似合うデザインである事が大切です。サイズもSからL、場合によってはXLといった大型なサイズのものまで用意しておく必要があるでしょう。更に飲食店ですから、頻繁に洗濯して清潔に保っておけるよう、洗いやすくて耐久性に優れた素材である事も大切です。昨今ではオンラインで簡単にデザイン、カスタマイズをすることができるので是非一度参考にしてみたり、ためしに数枚作ってみてはいかがでしょう。

Copyright© 2017 ユニホームを買うなら機能性に注目!働きやすい制服 All Rights Reserved.