ユニホームを買うなら機能性に注目!働きやすい制服

記事一覧

PICK UP

ユニフォーム

特殊な加工で汚れにくい

飲食店用のユニホームは、調味料や料理のソースなどで油汚れがつきやすいので、防汚加工された素材がよく使われています。また、天然繊維から化繊までいろいろな素材に対して加工が可能な撥水加工された生地も、飲食店のユニホームでは定番です。

衣類

お揃でパワーアップの証拠

飲食店のユニホームは清潔感はもとより、客に好感がもたれるようにするのが大切です。またユニホームは頻繁に洗濯しても耐えうるような素材である事や、色あせしないもの、素材の強さも大切です。ユニホームで統一感をパワフルさをかもし出しましょう。

男の人

様々な種類があります

職場で使うユニホームは、会社の看板になったりお互いに仲間意識を芽生えさせたりするために必要です。一口にユニホームといっても作業着や事務服など様々あり、価格相場もそれぞれ異なります。カタログやサンプルを取り寄せると良いでしょう。

男性

従業員用の制服を作成

ユニホームを発注するには、インターネットでカタログの中からユニホームの素材やデザインを選択していき、発注します。その後は作成会社とのやり取りで、デザインの設計図が作られます。そのデザインに同意したのち実際のユニホームを作する工程に入ります。

従業員用の制服を作成

男性

発注の仕方と手順

従業員のユニホームがあると、仕事のための服を自分たちで用意しなくて済むようになります。作業の内容にあった着心地のよい制服となれば、仕事の効率も段違いとなります。ユニホームを作成するには、ユニホーム作成をしている会社のサイトにアクセスする必要があります。具体的な発注の仕方として、まずインターネットサイトのたくさんあるカタログの中から、作成したいユニホームをピックアップしていきます。そして選んだものを発注しますが、それを土台としたオリジナルのデザインのものを作りたいときでも対応しているところも多いです。発注した後は、ユニホーム作成会社の担当からの連絡によって、具体的なデザインを詰めていきます。オリジナルデザインにしたいときは、ここで細かく打ち合わせをしていき、ユニホームデザイン設計図を作成して見積もりを出してくれます。大切なのはここでしっかりとデザインの認識について共有することです。ここで間違うと作り直しとなりますから、デザインや素材についてしっかりとした合意を形成することが必要となります。デザインに問題がなければ、発注に同意することによって、実際にユニホーム作成の工程に入ります。作成数も発注通りに作りますから、まずは試しに数着のみ作成することも可能です。実際に数着作成してから全従業員用の数を発注するような発注のやり方も失敗を回避するために合理的だからです。こうしたのち、実際にユニホームが出来上がり発注者のところにユニホームが届くことになります。

Copyright© 2017 ユニホームを買うなら機能性に注目!働きやすい制服 All Rights Reserved.